De Havilland D.H.82A Tiger Moth


かきちゃんやらケロさんに伊勢のスケールフェスティバルに誘われて急遽苦手なスケール機に兆戦します。しかしながら、本格スケール機ともなると、とても太刀打ちできません。また、製作時間も限られていることから、市販完成機をベースにやってみます。
色々物色しましたが、スケールの完成機は2C−40クラスが種類も豊富です。しかし、電動にするには重い機体が多いですね。アクロ機ではかなりのパワー(恐らく20セル程度)を入れないと実機のようなアクロは無理でしょう。バルサキットなら徹底して軽量化すれば良いのですが、時間が...

そのような中で、k社の黄色いタイガーモスが目に留まりました。複葉機ですので、翼面積は充分あります。実機もどちらかと言うとアクロはしない機体です。翼型もフラットボトムでゆったり系(実機はアンダーカンバーの翼型です)

  実機データ 6.5分の1 k社キット
縮尺 6.5 ≒6.5
縮尺^2 1 42.3 ≒42.3
縮尺^3 1 275 ≒275
全長 8941 1121 1122
全幅 7290 1375 1375
主翼面積 22.2 u 52.5 du 58 du
全備重量 803 Kg 2.92 Kg 2600-2800g
翼面過重 361 g/du 55.6 g/du 48.2 g/du
発動機最大出力 130 HP 0.47 HP 4c 48-53
巡航速度 150 Km/h 23 Km/h 60 Km/h ??

実機らしく飛ばすには、まず実機を調べなければということで。実機のデータ−を元に翼長から縮尺を割り出します。
ざっくりと面積は縮尺の2乗、体積(重さ)は3乗、パワーも3乗に比例すると考えると、全長はほぼスケール通り、翼面積はちょっと大きめです翼弦が大きいようですね。
エンジン出力は130馬力しかないのね!。スケール尺度から割り出すと0.47馬力。おお15エンジンで飛ぶぞこりゃ。モーター効率80%として440Wぐらい入力入れれば実機通り。10セル540モーターでもイケるかも。
安全を見て12セル(カー用2400X2本)モーターは最近空いてきた(理由は聞かないで!)KBM42−20かKBM42−30ブラシレスで試算してみます。キットの主要な部材が1660g。RCメカで225g、モーターとギアユニット、ペラで380g、12C2400が760gで合計3025g、うひょ〜果たして3Kgの機体が23Km/hで飛べるでしょうか?計算では機体重量は3Kgあっても大丈夫?

もう一つこの機体には使命があります。

写真のようなラジアルマウント式のギアユニットを自作しました。正確には、50ベルトリダクション用のプーリとベルトを使用していますし、プレートは員弁RCクラブのT本さんにレーザーで切り出してもらいましたので自作したのは図面だけです。
これのテストベンチとしての使命をこの機体に背負ってもらうことにしました。

GP40クラスの機体に適合させGP機からのコンバートが容易にできたら、大径ペラでも共振が起きにくいユニットとは、などの実験を行います。

それでは、完成機なのでとりあえず組み立てを開始しましたが、先の機体重量3kオーバーではやはりちょっと不安。GPのキットのため各部が頑丈に出来ていて結構重いです。主尾翼はもう出来ているものを軽量化するより作りなおした方が得策ですがとりあえずこのままで我慢。胴体はコックピットのスケール感アップと電動のための改造が必要なため、軽量化を考えながら胴体は大幅に改造するはめになってしまいました。

とりあえず細かな擬装は後回し。

胴体改造の概要です。

純正の状態ですと3mmベニヤの胴枠はリンケージのための小さな角穴しか空いていませんでした。軽量化のためフィルムを剥がし、胴体の下面プランクを外して、8枚もある胴枠を限界まで細く削りました。

後部座席のインパネ部の半円形の胴枠は全部、主翼後縁付近の胴枠も3/4ぐらい取ってしまいました。
その他過剰と思われる部分をドンドン剥がします。
最後に胴体下面はフィルムだけにします。
これで、100g近く軽くなりました。

カミさんには、なに壊してんの?と

純正では四角く窪んでいるだけですが、ごらんの通りがらんどうになりました。これでも強度はそこそこありそうです。

パイロットは全身が必要になりそうです。ラダーペダルもつけなければ。

前席はバッテリが入ってきます。座席は出来ないかも。

ラダーリンケージは実機と同じく胴体サイドから直接ワイヤ引きします。ラダーのリンクが主翼付根のスリットから出て、ここに直接ワイヤーリンケージします。

胴体内のリンクは、バッテリスペースで左右に分断されてしましますので、サーボ2個を左右に振り分けサーボホーンをこのスリットから出します。
ワイヤーのテンションが強いとサーボの消費電流が増えます(ジーと唸る)ワイヤーは緩めに張ります。

エレベータもワイヤの両引きです。
エレベーターサーボは後部座席の真下です。

 

ドアも開くようにしたくなってきました。この部分は元々バルサだけなので切り取っても大丈夫でしょう。

後部座席のドアは夜間訓練用のフードが付くため後ろ側が斜めになっています。

ドアヒンジはホームセンターで売っていた真鍮製の丁番です。これを真中でさらに半分に切ります。

真鍮ですので、ニッパーなどで簡単に切れます。

しかし、これは、まんなか(真中)と読むのか、しんちゅうって読むのか?

切り取ったドアはただの3mmバルサですので、ヒンジ部に3x3のバルサ捧を接着し、真鍮の丁番を接着します。

丁番が半分になってますので、スライドさせるとドアが外せます。

メーターパネルは1.5mmのベニヤでちょっと奥になるようにします。

実機の操縦席の前にはレザーのパッドがついています。
なかなか雰囲気あるでしょ!
レザーのパッドは牛革のハギレを糸で縫い合わせて作りました。
というところで、突然完成写真!
伊勢の前夜と言うか明け方まで組み立てに時間がかかり、パネルラインはおろか、マーキングもなにもなし。
まずは飛行できなければ!審査対象にすらなりません。

しかし翼支柱が太い。良く見ると胴体も太りすぎ。
重量は辛くも2900g

写真はかきちゃ提供

 

フライトインプレッション

全長  1400mm モータ KBM42-30
全幅 1130mm ギアボックス  50ベルト使用自作
主翼面積 58dm^2 減速比 72:18 = 4.00
翼型 フラットボトム プロペラ APC 13X6
全備重量 2900g スピコン Jeti 40-3P gold
翼面荷重 50g/dm^2 バッテリ 12N-2400
受信機 FUTABA FP-R136HP 地上回転数 8400rpm
サーボ FUTABA FPS3103 X5 電流値 41A

初飛行がイベントというパターンはもう慣れました。 この心臓バクバクがたまらねーぜ(^^;
というわけで伊勢のスケールフェスティバルでのフライトとなりました。離陸は難しいところもなくすーっと舞い上がりました。
しかしフルパワーにすると頭上げになります。重心位置はキット指定の位置のはずなのですがフラットボトムの翼型の為でしょうか?。ハーフスロットルで水平に飛ぶようにエレベータートリムを何度か調整して落ち着きました。
エルロンはガバガバ切っても、のた〜っとしています。ちょっと効きが悪い。ロールはやめておきました。
スロットルを1/3ぐらいにしてローパス。時速にして30km/h以下でしょうか。本部席の前5mぐらいを高度2mぐらいでゆっくり通過。エンジン音がないので、危険な感じはありません。とりあえずローパスを何度か!

スロットルOFFでは機速がぐっと落ちて、あまり滑空する気配がありません。着陸は最スローでアプローチ。沈下速度はスロットルで調整します。うむむ実機感ある〜ぅ

1回目のフライトのあとOKタイガーモスを電動化したTsanさんに飛行特性を聞いたところ、やはりエルロンは舵角は大きめにしているとのこと。重心もずいぶん前のようでしたので、2回目のフライトでは重心を10mm程度前にし、エルロンの舵角を倍にしました。
ハーフスロットルでF4Cの基本パターン(水平直線、水平8字、360度旋回降下)をやってみました。SIVILさんに、「これいい感じですね!」と言われてニンマリ!

といったところで伊勢では無事帰還しました。

スケールの参考にと上村さんのタイガーとSIVILさんの赤とんぼの写真を撮ってきました。

その後クラブの飛行場でループとロールに挑戦しました。
水平からのロールは背面までがゆっくりで背面からの戻りがゴロンときます。ちょっと怖い!
上空に運びちょっと突っ込ませてのバレルロールなら安心して行えます。

重い機体ですのでループはちょっと心配でしたが、ちょっと突っ込ませれば何とかなりました。水平からではパワーが足りず小さな円になってしまい、失速寸前です。3kの機体に12セルですからラジコン機としてはアンダーパワーです。実機のフライトは見たことがありませんが、おそらくこんな感じなのでしょうね。

さあ!2003年のイベントに向け、擬装しなくては....